プライベートを満喫する邸

旗竿敷地の形状を活かし無駄のない配置計画とした3階建住戸。ルーフバルコニーは、半分を壁と屋根で囲むことで 半戸外的な落ち着きのある空間としました。プライベート感を演出するだけではなく、直射日光や吹き付ける強風を 和らげ、心地よい風光をリビングへと送る役割を担います。