巡る風、光とともに

小庭を設けたコに字の邸。内側の向かい合う互いの面に窓を配置することで視線の抜けを生み出しました。その効果は玄関や居室にも。特にリビング側に設計した大きな窓は、通行人の視線を気にすることなく、めいいっぱいの採光を取り込みます。また、小庭でカーデニングをすれば、季節を近くで感じられる風情のある空間へ。ちょっとした空間も生活の中で趣味空間として、住む人に自然と馴染んでくれます。