リビング土間のある邸

大きな開口部からLDKとひと繋がりになった広いコンクリートスペースは縁側のように内外の境界を曖昧にし、四季の移ろいや人を積極的に招き入れる、開けた交流の場所を作り出します。また、キッチンには料理を存分に楽しめる、壁付けのキッチンと作業台。キッチンにはステンレスとブラックアイアンの脚、無垢材の天板という質感を楽しんでいただける「本物を知る大人」に向けた仕様に仕上がっています。