関西不動産販売のホーム>賃貸> 貸したい人

賃貸:貸したい人

アパート経営
アパート経営とは、アパートを所有している者が各部屋に入居者を募集し、毎月、入居者から
家賃を支払っていただくことで収入を得る経営のことです。
景気動向に左右されず、安定した家賃収入が得られます。

人に貸すには、ある程度の準備やその物件が魅力あるもでなければなりません。
入居者は、いろいろなアパートの中からどれが一番自分の条件に最適なのか判断します。

立地や周辺環境、家賃はいくらぐらいなのか各々チェックして選びます。
アパートやマンションが立ち並ぶ中、自分の所有しているアパートを
入居者に選択していただくには、様々な工夫が必要です。
■土地・建物を資産として残す
アパートやマンションの土地をローンで購入した場合においても、
ローン完済後に土地や建物が資産として残ります。

ローンの返済を賃貸収入で全て賄うことができれば、元手をかけずに
土地が手元に残るため、効果的な資産形成が可能です。

手元に残った土地は、アパートやマンションを建替えて引き続き賃貸経営を行ったり、
売却することで収益を得ることもできます。
お子様やお孫様の世代に不動産を残すことも可能です。


戸建賃貸
戸建経営とは、一軒家を購入しそれを人に貸すことで定期的に収入を得る不動産投資のことを
いいます。アパートやマンション経営と違う点は、アパートやマンションほど立地条件を
気にする必要がなく、また狭い面積の土地や変形した土地であっても建築することが可能な点です。

戸建を借りる入居者は、ファミリーが多いといわれています。
部屋数が多く、プライバシーも守られ、ペットが飼えること、
また庭があることなど、アパートやマンションにはない魅力があるからです。

「一軒家を購入し、ローンを組むには不安がある。しかしマイホームで自由にゆっくり暮らしたい」
という人々にとって戸建賃貸は大変魅力ある経営といえます。
■戸建経営は儲かるのか?
アパートやマンションに比べれば確かに利率は低くなります。また、万が一退去された場合
収入は完全になくなってしまいます。

アパートやマンションは部屋数が多い分、戸建に比べれば同じ時期に全室退去するという事は、
あまり考えれません。しかし、その代わり戸建と比べて入退去のサイクルは早いです。

アパートやマンションを選ぶ入居者は、単身者や二人暮らしなどが多いので、例えば学生さんの場合、
入学・卒業にあわせて入退去がありますし、社会人であっても転勤などがあります。

そう考えると、戸建の場合はファミリー層が入居する事が多いので、アパートやマンションほど
入退去のサイクルは早くなく、反対に長期間入居してくれる場合がほとんどです。
そういった意味では、戸建経営は安定していると言えます。
お問い合わせ 賃貸に関するご質問やご相談、
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

入力フォームへ

居住用賃貸物件を探す
沿線検索
住所検索
地図検索
事業用賃貸物件を探す
沿線検索
住所検索
地図検索

トップへ戻る