日本人にとって、もっと自分らしく心豊かに暮らせる住まいとは、どんなものだろう。
そんな問いかけの中から、「Stile Casa」は誕生しました。


伝統的な建築手法を手がかりに創り出したのは、程良い「間」を設けることで、心地よい「つながり」を感じさせる空間です。光や風や春夏秋冬、自然が織りなす美しい変化を楽しみながらそれぞれの暮らし方に合わせて、自由に住まうことができる。住まう人や訪れる人が一緒になって和みや癒し、発見や感動を分かち合える。そして、時が移ろい住まう世代が変わっても、ここに宿る豊かな時間は変わらない。

人と空間の「つながり」が、毎日をもっと自由に楽しくする。「Stile Casa」からのご招待です。

この住まいには、人と人との「つながり」を育むたくさんの仕掛けがあります。広い部屋にある大きな堀座卓、長く続く通り土間、風が抜ける和室、日溜まりの縁台。居心地のいい場所があれば、家族団欒もおもてなしも一層楽しくなるもの。日常の何気ない時間にも、潤いや喜びが生まれます。

一人ひとりに応じた自由な住まい方を受け止めてくれる、融通性に富んだ大空間。それは、部屋を壁で仕切るのではなく、適度な「間」によって場所と場所をつなぐことから生まれました。庭と土間、室内と縁台など内と外という異なる性格を持つ場所も、床の高さを同じにすることで、つながり感を演出しています。室内から通り土間を経て、土間縁、縁台へ。変化と心地よさを感じる大空間は、住まいの手のスタイルに合った多彩な生活風景を描き出すことでしょう。

月日が流れていくほどに、自然も、人も、暮らしも変わりゆくもの。どの瞬間も満ち足りた暮らし心地を叶えるために、「変化を楽しむ」という発想で住まいづくりを考えました。時々刻々と変化する格子の影。春夏秋冬、艶やかに表情を変える庭の風景。歳月とともに味わいを深める天然木の佇まい。そして、ライフスタイルの変化に応えるユニバーサルで自由な空間。今はもちろん、将来も、世代が変わる100年後、200年後も、日々の暮らしに心からの満足を育んでいきます。

設備・仕様
中庭・リビング

左 / 中庭から玄関へ光と風が通り抜け、玄関ホールでありながらふんだんの採光を実現。
右 / 南面の壁面に大きく配した窓と中庭に面した窓から陽光がたっぷり注ぎ込むリビングルーム。

リビング・寝室

左 / リビングルームと玄関ホールに光を届ける中庭。
右 / 夜は間接照明がムーディーな空間を演出。

階段・玄関

中庭に面する大きな開口部は北側に位置するお部屋にも光と温もりを届ける。

キッチン・浴室

左 / 広々としたキッチンは、快適にお料理ができる。
右 / 明るいバスルームで、安全設計。汚れににくい浴槽でお掃除も楽々できる。

洗面所
白の洗面に白い壁。清潔感あふれる洗面所になっています。
小物がおけるスペースも十分に確保されており快適に使用できる。