施工例

見晴らしの邸


見晴らしの邸

大川 佳林

建築ソリューション部
企画コーディネート課

見晴らしの邸

門から玄関までの距離が長い方が徳の高い邸とされてきました。長屋と武家屋敷を比べてイメージして頂くと、わかりやすいかもしれないですね。また、本邸は敷地形状をフルに生かした設計となっているため見晴らしが抜群です。さらに視界の抜ける先を考慮して窓位置を取っているため切り取ったかのような素晴らしい借景をご覧になれます。独特の浮遊感をお愉しみください。

施工例一覧に戻る