施工例

有効スペースの最大値

阪急「上牧駅」から歩いて13分の好立地に約33坪の宅地、加えて低層住居専用の地域独特の整然とした街並み。恵まれた条件を最大限に活かす設計を心掛けました。縦長の敷地に対して出来るだけ整形なプランを描くため、縦列駐車を採用。建物間口が広く取れることで重厚感のある建物にしつつ、室内の有効スペース面積も最大限に生み出すことができました。駐車の取り方ひとつで取れる間取りの選択肢も変わることを知る設計士だからこそ成せる業です。

有効スペースの最大値

太田 央

建築ソリューション部
企画コーディネート課

施工例一覧に戻る